バレない浮気テク!浮気相手の名前は会社名で登録すべし

上手に浮気をしようと思ったら、人並み以上に気を遣うことが必要です。相手の女性に対して気を遣うことが必要なのはもちろん、浮気が妻にバレないようにすごく神経を遣わなければいけません。よく女性の勘は鋭いと言います。一度浮気をしていると疑われ始めたら、その後ごまかすのはとても難しいと思います。かなり昔ですが、彼女に浮気がバレてしまい、結局白状させられ謝らされた経験をしてから、浮気をするときにはすごく慎重になりました。一度疑われたらごまかすのがほぼ無理だからこそ、初めに浮気をしている疑いを持たせないことが大切なのです。浮気相手とデートの約束などでメールやメッセージアプリで連絡を取り合うときには、十分気を付かないといけません。私は現在2人の女性と浮気をしているのですが、それぞれの女性とのやりとりに細心の注意を払っています。まず、連絡先は会社名で登録しています。メッセージが届くと分かるようにはしていますが、もちろん内容は表示されないようにしています。そうしておけば、妻や片方の女性に連絡先の名前が見られてしまっても、会社から連絡が来たと言って、すぐにメッセージの返信をすることができます。メッセージの内容によってはすぐ返信しないと相手の女性の機嫌が悪くなってしまうことがあるので、常に携帯がチェックできるようにしておくのは重要です。そして、やりとりが終わったら基本的にメッセージやメールは削除するようにしています。たまに甘い言葉を送ることもありますが、一通りやりとりが終わったら全部削除して、浮気の証拠が残らないようにしています。直接相手が喜びそうな言葉をかけることはありますが、ラブレターを書いたりはしません。万が一浮気をしていると妻に疑われたときも、証拠となるものさえ存在しなければ、絶対にしていないと言って逃げ切ることが可能です。最悪離婚となって慰謝料を請求されたときも、証拠がなければ慰謝料も取れません。結婚しながら2人の女性と浮気をしている私は、人より良い思いをしているのでしょうが、その代わり絶対に彼女たちに浮気をしていることがバレないように非常に神経を遣って努力をしています。ばれないように浮気をすることで彼女たちを傷つけないことが、ある意味浮気をしている自分の義務でもあると考えているからです。その努力が、自分の男性としての魅力にもつながり、全員と良い関係を築けているのではないかと思っています。