復縁して成功したケース・失敗したケース

別れてしまった相手と、もう一度やり直したいと思うことは少なくありません。
焼けぼっくいに火がつくというように、一度恋愛関係となった相手とは再度火がつきやすいものですが、復縁は成功するケースと失敗するケースがあります。

復縁が上手く行くケースとしては別れた原因をよく反省をして、互いに悪いところを直すことを誓って再び恋愛関係に戻ったというのがあげられます。
別れるときというのは互いに何か相容れない部分があり、それがきっかけで別れてしまうということが多いものですから、悪かったと思える部分を反省して再び恋愛関係を持つようになれば以前と同じ失敗をしづらいだけに成功しやすいものです。
次に別れた原因が二人の仲をさくのに致命的なものではなく、仕方ない状況で別れたというのも復縁しやすいといえるでしょう
遠距離恋愛となってしまうので別れてしまったケースであったり、忙しくてすれ違いが多く自然消滅的な形で別れてしまったというケースは元々相手に対して悪い印象を持って別れたわけではありませんから、このようなケースではきっかけひとつでスムーズに復縁することができ、以前と同じような良好な関係に戻りやすいといえます。

失敗のケースとしては復縁自体上手く行かなかったというものと、再び恋愛関係になってから上手く行かなかったというものがあります。
そもそもやり直すことができなかったというケースでは、片方の気持ちが残っているものの相手は完全に冷めてしまっているという状況で、この場合別れたときの悪いイメージが大きくなりすぎているということもあり、やり直そうにも完全に相手から拒絶をされてしまうということは珍しくありません。
次に別れた原因を直すことなく再度くっついたというケースで、最初は上手く行ったとしてもそのうちに以前別れた理由がそのまま残っているわけですから、結局再度同じような理由で別れることになったというケースは非常に多くあります、
恋愛関係に発展をするぐらいですから相性がまったく悪いというわけではないのですが、距離が近くなりすぎると相手の嫌な部分がはっきり見えてしまいそれを許容できなければ最後には破局を迎えてしまうことになります。
そのような部分を改善しようとせずに復縁をすると一時的には上手く行っても、最後にはまた別れてしまうはめになるのです。
成功するケースと失敗するケースというのは、様々な理由が考えられるのでやり直したいと考えている人はあらゆるケースを想定してみると成功しやすくなります。