気になる人と急接近できる学校行事とは?

学校という集団生活の環境は人目も多く、気になる人と二人きりになるチャンスは中々ありません。しかし、学校行事というチャンスに向けて努力をすれば、気になる人と急接近する事もできます。学生時代の恋愛は後々の関係にまで繋がる、大切な関係に発展する事も少なからずあります。数少ない恋愛のチャンスになりますから、学校行事の準備から終わった後まで努力を継続できるようにしましょう。

まず、学校行事というチャンスを最大限に活かすには、事前の準備が大切です。その時点で結果の大半は決まるといっても過言ではないので、押さえるべきポイントをできる限り多く押さえておきましょう。

例えば、気になる人とできる限り多くの接触を持つ事です。きっかけや用事は、何であっても構いません。気になる人と面識がない場合は勇気を出して自分から声をかけておきあしょう。相手はいずれ告白をする相手です。自分の身になって考えると突然告白されるのは嬉しい事かもしれませんが、それでも意中の相手以外から突然告白されると戸惑うでしょう。しかし、面識があって気になっていた相手から告白されると、前向きに考えられるものです。

恋愛は相手の身になって、何をしたいのか考える事でもあります。ある意味ではこの時点で、相手とのお付き合いは始まっています。相手から見て恋愛対象になれるかどうかは第一印象だけでなく、第一印象との比較でも起きる事ですから、相手に好印象を持ってもらう為の努力が必要です。できれば、信頼のおける異性の友人が味方にいると強いものです。学生の交友関係は学校に限ればかなり広いものがありますから、身近な友人の力を借りられるのは頼りになるでしょう。

学校行事に向けての努力としては、一緒に努力する環境があるのが理想的です。同じ委員会や生徒会に所属している、あるいは部活動や同好会が一緒等、共通点が多いと一緒に活動する機会が多いでしょう。ホームルーム等で役目を決める機会があるのなら、事前に、自分と一緒に同じ役目をやってほしいと申し込むのも1つの方法です。自分はやってみたいけれども、一人でやる自信がないので一緒にやって欲しい等、理由は多くあるでしょう。

一緒に活動している間は、お互いの事をよく知る事ができる貴重な時間になります。自分の魅力をアピールするだけでなく、相手の魅力がどこにあるのかもよく理解しましょう。話している間に気がつく魅力もありますし、それは相手にとっても同じ事です。変に自分を隠したり誤魔化したりする事はなく、常識の範囲内で正直に素直に振る舞う方が相手に対しては交換を抱いてもらえます。勇気を出して自分を知ってもらいましょう。

告白のチャンスは、学校行事が終わった直後です。相手の気分が盛り上がっていて、自分に対する意識も強まっています。迷ったり躊躇ったりしている間にチャンスは逃げてしまいますから、思い切って自分の方から告白しましょう。