仕事終わりの「飲み会」こそが職場恋愛を生むきっかけに…

家と職場の往復で出会いのきっかけがない、と考えていませんか。いいえ、そんなことは全くないですよ。出会いなんてどこにでもあるものです。仕事終わりの職場の飲み会にだって恋愛のきっかけは隠れています。

会社帰りの合コンとなると、人集めをしたりセッティングしたり、また仕事の都合を考えたりと、ちょっとめんどくさいなと思ってしまいますが、仕事終わりの飲み会ならもっと気軽です。お昼休みに「今日仕事がはやく終わりそうだから、同期の〇〇君たちも誘って食事どう?」と同僚に声をかけたり、帰りのロッカーでたまたま一緒になった同僚に「今から軽く飲みに行かない?そういえば同じ部署の〇〇君もさっき帰り支度をしていたから誘ってみるよ。」とお誘いをしてみたり。何日も前から予定を立てなくても、その日もし都合が合えば一緒に飲みに行くぐらいのノリで、軽く飲み会が成立します。上司や先輩に誘われたらちょっと身構えてしまいますが、年齢や入社年が近い同僚同士なら共通の話題も多いですし、誰にも気を遣わずに、ただただ楽しい食事の時間ですよね。

職場恋愛はそんな気軽な食事会から始まります。
最初は気の合う職場の人たち4~5人で、美味しいお店を見つけては試しに食べに行き、夏になれば夏の風物詩であるビヤガーデンに行き、冬になればお鍋を食べに行き、本当に仕事の息抜きとして会社帰りに仲間と食事に行く感じです。そこから恋愛に発展するなんて思いもよらないかもしれませんが、これは合コンよりもカップル成立がしやすい飲み会じゃないでしょうか。
合コンは全く知らない者どうしが出会うので、年齢や仕事、既婚か未婚かだって、情報を一から集めなくてはなりません。未婚だってウソをつく人に出会ったこともありますし、職業を聞いても一体何をしている人なのか実態がわからない人もいました。でも会社の人ならある程度のことは初めからわかっているし、性格だって仕事ぶりを見ていれば多少わかっています。これがとっても安心できるポイントです。
食事会で気の合う人どうしなら話が弾んだら、「じゃあ今度の休みにみんなでドライブに行こう」ってなったりします。ここも職場恋愛に発展しやすいポイントです。「今度の休みに」って、みんな休みの日が一緒なんです。とても都合が合わせやすいですし、一緒の会社ってことは住んでるところもみんなそう遠くはないはずです。

長い時間一緒にいる人どうしって、恋愛に発展しやすいように思います。最初は何気ない同僚同士の集まりでも、徐々に恋愛に発展していくんですよね。