恋愛モテテクニックが復縁においてはタブーかも…

恋愛モテテクニックは復縁では不向きかもしれません。知らない相手やお互い興味ある同士ならOKですが、別れた相手にはキツイかもです。タブーな時もありますから、避けた方がよいですね。一度、嫌になって別れたらもう一回、愛し合うこと自体が難しい可能性はありますから、注意してください。それかお互いに話合いをして別れたとしても、復縁のために恋愛モテテクニックをやってしまうと、すべっちゃう時も怖いです。これも気をつけてください。

一度別れると、復縁が難しいのには理由があります。「免疫が付く」、「慣れている」、「マンネリ化を避けたいから」の3つが代表的だと思いますが、免疫が付くと感情移入しにくくなるのが問題です。免疫が付いていないと相手がどんな人で、どうしたらいいか分からないから楽しめたり恋愛が出来ます。けれども、免疫が完璧に付いているとどんな相手でどうしたらよいか分かり切ってしまいますから、復縁が難しくなると思います。

次に慣れている、ですが慣れると飽きがきて拒否反応を見せてきます。ちょっとキツイ表現ですが、人は飽きるのが嫌です。そうならないためにアレコレ探して楽しめたり、愛せる相手を探しますが、慣れきった相手といると、だんだんと嫌になってきてしまいます。恋愛モードの時は飽きない上にドキドキしますが、冷めちゃうとだんだんと退屈になってきて、嫌だに繋がりますから、注意してください。

マンネリ化を避けたいから、ですがコレも慣れと似ています。けれどもマンネリ化だと慣れより怖いと思ってしまいます。どうしてかと言うと、無関心気味な感じがして嫌すら分からなくなる気がしてしまいます。勝手な考えかもしれないけれど、マンネリ化を避けたいから、と思ったり、思わせないようにしてほしいです。

もしも復縁したいなら『妥協する』ことを意識すると良いかもしれません。人間関係ですから、妥協しあって愛し合う世界だと思います。さらに、慣れきったイメージを取り去るためにイメチェンするのもポイントです。「あれ?いつもと違うな」と思って興味を見せたら、目の色や輝きが違いますから、おすすめします。人はいつも変化を求めているものだと感じます。

恋愛モテテクニックは復縁にはタブーです。しかも相手が嫌がっていたらさらに嫌がられるかもしれないですから、自然に対応したりするのがポイントだと思います。裏技は「フェロモン」を使うことです。コレはモテテクニックより完璧に効くのが強みです。