浮気相手と上手く行かなかったから復縁ってあり?!

浮気相手と上手く行かなかったから復縁するという話はよく耳にします。恋愛は自由ですので、お互いの同意があればそれもよいでしょう。

復縁とは、一度別れた相手と寄りを戻すことを言います。結婚をしている場合だけではなく、ただの彼氏・彼女の関係にあった場合にも使う言葉です。

恋愛というのは、経験を積むことでスキルアップをしていくものです。恋愛の才能がある人は、最初からすべてうまくいくというケースもあるでしょう。しかし、必ずどこかで失敗はしてしまうものです。早いか遅いか、多いか少ないかという差はあれど、だれでも必ず失敗は経験するでしょう。

価値観が多様化している時代であり、さまざまな価値観を持った人がいて、それが認められています。生涯で一人の異性とだけ付き合い、他の異性とは肉体関係を持たないということを貫くというのが一般的だった時代もありますが、現代ではむしろそのような人は少数派かもしれません。さまざまな人と付き合い、肉体関係を持ってみることが大切だと語る人もいます。どの意見が正解かということではなく、その人がどういった価値観を持っているかという問題になります。

浮気とは裏切り行為であると言う人がいますが、必ずしもそうとは限りません。結婚をしてしまったら貞操義務がありますが、デートをしたり、キスをしたりすることは不貞行為とはなりません。また、「継続的な肉体関係を持つ」ということを不貞行為と言うので、たった1回だけ肉体関係をもっても不貞行為とはなりません。結婚をしていても、異性とデートをしたり、キスをしたり、たった1回だけ肉体関係を持っただけでは離婚の理由とはならず、慰謝料の支払いも認められないケースが多いです。ただし、継続的な肉体関係を持っていなくても慰謝料の支払いが認められたケースもあるので、絶対に安心というわけでもありません。

また、結婚をしていても、お互いに認めているのであれば、異なる異性と関係を持つことも自由です。価値観はさまざまであり、異なる異性と肉体関係を持つことをお互いに許しているという夫婦も存在しています。

ただの彼氏・彼女の関係にある場合には、そもそも貞操義務はありません。相手から裏切り者と思われたり、嫌われたりすることはあるものの、浮気をしてもなんら違法行為とはなりません。

浮気をしてみたら、元カノ・元カレの魅力を再確認して、寄りを戻したいという気持ちになることはあるでしょう。恋愛は自由ですので、相手が許してくれるのならば復縁をするのもありです。